秋・朝顔‥  マルバアサガオ

  山の稜を越えて、ずいぶん遅くなった朝日が届く。 迎えるように登り咲く野生化した朝顔。
e0070545_6345012.jpg
         マルバアサガオは西洋アサガオ、庭先よりは野に咲く姿をみること多い朝顔です。

e0070545_6395235.jpg
     花を撮る時、人工物の入るのを好まない。 でもそれを打ち消してしまう野生の前に シャッターを切る。  


  人の庭先にソライロアサガオ(ヘブンリーブルー)を初めて見た時の衝撃は忘れられない。
  
  同じ西洋種でありながら、どこにも当たり前にあったマルバアサガオにそんな感慨はありません。

  それでもこの朝顔は毎年のように撮り続けてきたのに、
 
  ヘブンリーブルーは毎年美しいと思うのにカメラを向けたことがありません。

  もう風は秋風。 この朝顔が秋深くまで咲くのをどこか不思議に眺めてきました。

  お恥ずかしい話ですが、朝顔が秋の季語であることを知ったのはごく近年のことです。


                    ※写真はクリックで拡大いたします。  
[PR]
by moraisan | 2009-09-09 07:16 | 山野草・樹木 | Comments(6)
Commented by 74mimii at 2009-09-09 13:52
自然の力強さ美しさは 人工的な物体を無視していますねぇ。
朝陽に胸を張っているように見え感動さえ・・・
Commented by moraisan at 2009-09-10 07:06
>mimi さん、秋らしくなりました。
電柱を支えるワイヤーを登った朝顔です。
普段見るよりずいぶん高いところから、笑いかけられた気がしました^^
Commented by KATEK at 2009-09-14 20:08 x
こんばんは。ごぶさたしています。朝顔はずいぶん涼しくなるまで咲いていますよね。夏の到来を教えてくれる花のようでもありますが,また違う面もあって,不思議な魅力を持った花です。人工のものにからまりながら,季節感をかもし出す花。近所にまだ朝顔はあるか探してみたくなりました。
Commented by ironsky at 2009-09-14 23:10
驚きです。
朝顔って、てっきり夏の花だと思っていました。
立秋が8月上旬ですから、朝顔の季語が秋といっても不思議はないのですね。
Commented by moraisan at 2009-09-15 00:19
>KATEK さん、こんばんは。
丹精をこめて育てられた花の美しさは、やはりあろうかと思います。
それでもなを、季節だけを頼りに咲く花に足止められるのは、感情ではなくあるように思うのです。
Commented by moraisan at 2009-09-15 00:25
>ironsky さん、こんばんは。
有名な「つるべとられて‥」の句から感じるのは、どうも夏の朝の光景でした^^;

お寂しくなられましたね。 ご冥福をお祈り申し上げます。


<< めくらぶどう‥   (ノブドウ) 赤い花‥ ミズヒキ >>