今だから主張する 花たち
  あでやかな花が少なくなると、静かな花たちが話し出す。


e0070545_23594769.jpg














アカザ? シロザ?この時期は区別がつかなくて‥
ハナアブに見とれていたら、しっかりぶれています。









e0070545_0112052.jpg













タニソバ
こんな静かな花が、目に飛び込んでくる気がします。













土地のお年寄りは、アカザを畑で育てます。肥料をたっぷりもらったアカザは、
2メートルにもなって、まるで木のような姿になります。それは軽くて丈夫な杖をつくるためです。

タニソバは紅花もあるらしいけれど、この辺では白花ばかりです。
花も小さく、這うものだから、あまり目立ちはしないのが、今は盛りのように見えるから不思議。
[PR]
by moraisan | 2005-09-25 00:46 | 山野草・樹木 | Comments(6)
Commented by ironsky at 2005-09-25 09:20
ハナアブいいタイミングで入ってますね。しかし、こういう写真って、「うわぁ、シャッターチャンス」ってつい力んじゃいます。
小さな花って野に咲いているとその美しさを見落としがちですが、こうやってアップで撮ってみるとすばらしいものが多いですね
Commented by moraisan at 2005-09-25 09:45
そうですね。ハナアブは結構空中に静止してくれるので‥いい位置に来てくれたな、
と思ったら、やっぱり力んでました。手ぶれです。
Commented by namiheiki at 2005-09-25 10:02
花はぶれていますがアブは止まっていますね。流石です。
アカザ、戦中戦後の窮乏の時代、これを摘んで食べたのを思い出します。最近は何故かシロザばかりでアカザが減りました。
Commented by moraisan at 2005-09-25 10:26
雲に大きな景色が閉ざされた時、足元の世界に救われます。
アカザは畑にも植えられたと聞いております。アカザはシロザの変種と読んだ事があります。山菜としても必ず本に記載されますが、戦時に思い出がある方には、複雑な思いもおありでしょうか。「うまい山菜」とも、そのままの時代でありたいものです。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2005-09-25 21:30
おお!アブのホバリングですか、被写体が小さいから難しいですよね。
でも、とてもいい感じ・・・
Commented by moraisan at 2005-09-25 21:44
あまりピタリと宙に止まるものですから‥肝心の花の方がおろそかに。
虫たちの移動スピードは速いですよね。ファインダーに入れることさえ至難です。


<< ようやく雲が切れて ツユクサ >>