懸崖の藤

旧八千穂村(佐久穂町)を代表する景観のひとつ、天狗岩の藤です。

e0070545_054594.jpg































e0070545_059178.jpg



























100メートルほどの垂壁を落ちる
自然が作る見事な懸崖仕立です。






                    ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2009-05-17 01:25 | 山野草・樹木 | Comments(14)
Commented by poron_55 at 2009-05-17 07:55
おはようございます。
はじめまして。TOP検索からきました。
見事な景観ですね。
例年のお楽しみとはいえ、佐久穂町では季節の風物詩のようですね。
菊人形で有名な枚方市に住んでいますが、菊の懸崖仕立てならぬ自然を利用した懸崖に感心しています。
Commented by saheizi-inokori at 2009-05-17 08:44
いいですねえ。来年は行ってみたい。
Commented by moraisan at 2009-05-17 21:12
> poron_55 さん、こんばんは。
はじめまして、ようこそお訪ねくださいました。
サイトをお訪ねして、気持ちの良い写真の数々を拝見させて頂きました。

身近な風物が次々失われていくなかで、人を拒むこの懸崖の藤ばかりは、年々見事になるようです。
Commented by moraisan at 2009-05-17 21:22
>saheizi-inokori さん、こんばんは。
この天狗岩はJRの小海線のポスターにもなったりしたので、どこかでご覧になっているかもしれません。
棚作りされた藤を訪ねる人は少なくないのに、身近なこの場所に立つ人は少ないです。
数十メートルの長さで岩肌を占める藤の景観は、あまりないように思います。
Commented by namiheiii at 2009-05-17 22:05
うわっ!信じ難い景観ですね。藤は100メートルも這い上がる(あるいは這い下る)ものですか!?天然記念物ものですね。
Commented by mayumis39 at 2009-05-17 22:24
@@!
100メートルもあるのですか!見事ですね!
こちらでも藤が杉の木立を登っています。
自然の中で、自由で力強くて本当に良いですね~
Commented by moraisan at 2009-05-17 22:27
なみへいさん、こんばんは。
この岩のすぐ横は鉄路なので、落石防止ネットがあったりします。
木々を這い登る藤は嫌われることもありますが、ここに安住を求めた藤は伸びやかで美しいです。
Commented by moraisan at 2009-05-17 22:38
>mayumis39 さん、こんばんは。
この岩の高さが100メートルほど、藤が占めるのはその下半分くらいでしょうか。
この岩塊の最も急な場所は、藤だからこそ選べた場所なのでしょうね。
年々少しづつ大きくなっていくようです^^
Commented by ironsky at 2009-05-18 22:08
見事な藤ですね。
断崖に咲く藤、人工の藤棚に咲くものとは、勢いが違います。
一度見てみたいものです。
Commented by moraisan at 2009-05-19 23:07
> ironsky さん、こんばんは。
藤は自立することを選ばなかったからでしょうか‥ ずいぶん成長も早く、大きくなったものだと思います。
19年前、最初にこの岩壁を見た頃なら、岩肌を紫で覆うような姿は想像できませんでした。
どちらかと言えば人の手によって衰退していく景色のなかにあって、この藤ばかりは元気です。
Commented by nenemu8921 at 2009-05-22 21:03
こんばんわ。
見事な藤ですね。
この下に立ったら、どんな気分になるでしょうか。

Commented by moraisan at 2009-05-23 00:00
>nenemu8921 さん、こんばんは。
この藤の壁の下には、小さな田んぼが一枚あるんですよ。
垂直に近い岩壁で、そして藤もずいぶん大きくなったので、こうして離れないと全貌が見えないのです
Commented by KATEK at 2009-05-26 20:36
こんばんは。去年でしたか?わざわざこの藤の咲いているところをアップしてくださったのは。今年もとってもきれいですね。壮観です。だれが植えたのでもないのでしょう。自然にこんな姿になるんですね。今年もまた藤の季節ですね。
Commented by moraisan at 2009-05-26 22:15
>KATEK さん、こんばんは。
見える山には、大きな立ち木をすっぽり覆って、まるで紫の木のように見える藤もあります‥
それでもこの藤は別格の大きさで存在しています。
この時は西に傾いた日を受けて、暖かい藤色が印象的でした^^


<< はりえんじゅ‥ (ニセアカシア) 衝羽根空木‥   (つくばねうつぎ) >>