里桜‥  染井吉野など

  山里の桜が一斉に咲きました。   
e0070545_7161739.jpg
e0070545_21535728.jpg
  開花を待っていたのは人ばかりではないようです。 この鳥もまた‥ どこに隠れているかおわかりですか?


  春が来るたびに 毎年同じ桜を訪ねて歩きます。
e0070545_7214447.jpg
               最初に目指すのはこの桜です。 どの桜も十八度目の再会です。
e0070545_7363763.jpg
     どの木にも、向き合う正面があると思っています。 この木の正面はここ‥ 私は そう思っています。


e0070545_7405410.jpg
      そのすぐ隣にある枝垂桜です。 この木の下は花のシャワー 滝のように花を降らして見事です。
e0070545_7455876.jpg
          季節がせかすのでしょうか‥ 咲ききらぬ花と一緒に、葉が展開し始めていました。


e0070545_1228560.jpg
          畑地の端に植えられた桜です‥ 先人も鍬を持つ手をしばしば休めたことでしょう。
e0070545_12325585.jpg
                 私の訪ねる桜の中でも 一番花色鮮やかな一本です。






e0070545_12531287.jpg
  一年に一度だけ、それぞれの桜の下に立ちます。
  
  その日の花が、三分咲きであっても、散り始めた花であったとしても‥
  
  その下に立って向き合うのはただ一日 それが約束のようになりました。

  何年かぶりで花の一番良い日にめぐり逢えた気がします。 
  
  あるのならば次の春‥ 思い浮かべる桜の姿の一枚が また増えました。


e0070545_2229129.jpg



                       ※写真は全て、クリックで拡大いたします。    
[PR]
by moraisan | 2009-04-21 23:09 | 山野草・樹木 | Comments(10)
Commented by nonacafe at 2009-04-22 00:27
見覚えのある桜の樹に今年もお目にかかることができました。
もちろんこちらのサイトでのことですが…。(笑)
どちらも晴れ晴れと、明るくシャープでクリアで、
嬉しい気持ちにさせていただきました。
中でも取り分け秀逸なのは桜と蜘蛛の巣。うーむ、この取り合わせには
唸りました。や、や、やられた〜〜!(爆)
来年、出来るなら真似して狙おう、と!
(でもね、こっちの桜の季節では、背景が新緑ってこと少ないですね。)泣
Commented by saheizi-inokori at 2009-04-22 07:44
わあ、間に合わないなあ。月末にはもう散ってしまいますね。
Commented by moraisan at 2009-04-22 20:06
>nonacafe さん、こんばんは。
覚えていてくださったのですね。 
当時を振り返って見ると、気負っていてこれら桜の良さが少しも撮れていないようで恥ずかしいです^^;

これはもう、巣を張った蜘蛛を讃えてやるしかありませんね^^
Commented by moraisan at 2009-04-22 20:11
>saheizi-inokori さん、こんばんは。
写真の桜は分かりませんが、目に留まった桜たちは3日ほどで満開となりました。
山桜はこれからとなりますが、五月の連休に残る花は多くはないかもしれません。
それでも八ヶ岳は良い季節だといえましょう。ツツジや石楠花が迎えてくれると思います。
Commented by masue-robin at 2009-04-23 15:11
よっこらしょっと・・お邪魔します。
今年もこの桜を楽しみに見に来ました。
ここの桜はゆっくり咲いてくれるので落ち着きます。
なんだか去年よりキラキラしているような…^^
Commented by moraisan at 2009-04-24 06:36
> masue-robin さん、おはようございます。
標高が高いこともあって、仙台あたりより開花は遅いようです。
この春はほぼ満開、一番美しい日と休日が重なりラッキーでした^^
Commented by sakusaku_fukafuka at 2009-04-24 06:42
おはようございます。
のどかな春の景色ですね。
一枚目の写真の向こうに見えるのは八ヶ岳連峰でしょうか?
桜をモチーフにした田園風景、いいですね~。
Commented by moraisan at 2009-04-24 17:39
>sakusaku_fukafuka さん、こんにちは。
一枚目には主峰赤岳から天狗岳まで、七枚目には茶臼山から北横岳までが写っています。
この場所は千曲川の河岸段丘上ですが、八ヶ岳連峰をほぼ全てを一望できます。
この桜たちも一本の未舗装の道でつながっている、そんな散歩道です。
Commented by DAURAND at 2009-05-05 23:00 x
ご無沙汰していました。いつの間にか何枚も素敵な写真がエントリーされていて,なんだかうれしくなりました。桜もいまは緑の葉っぱが元気です。木に(桜に)正面があるということ。気づきませんでしたが,いわれれば確かにありますね。木にもずいぶん個性があるということにもなるのでしょう。最近晴れた日は,毎日職場の木(ケヤキ)を真下からながめて空といっしょに何かをいただいています。ありがたいです。木の存在。
Commented by moraisan at 2009-05-06 13:53
>DAURAND さん、こんにちは。
こちらもケヤキの新葉が、秋の日の始まりのような暖かい色を見せています。
もっと木と向き合いたいのですが、なかなか時間も覚悟もいるし、そうできる場所も限られます。

おかしな話ですが、木を伐採することを生業にしていた頃‥ 一番木に近づけていたのかもしれません。
大きな木を倒す時は、畏れの中で木と向き合うことがしばしばで、その頃から木の正面が意識された気がします。


<< 桂 唐松咲く‥ >>