唐松咲く‥

  早朝の山窪‥ 唐松の梢がまず朝日に染まります。
e0070545_12393798.jpg


  見れば今年は花数が多いようだ、やはり昨夏の少雨のせいなのだろうか‥
e0070545_12495063.jpg
                                   小さな花はもうすでに 松ぼっくりの形をしています。



                       ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2009-04-18 13:07 | 山野草・樹木 | Comments(12)
Commented by saheizi-inokori at 2009-04-18 17:21
5月には八ヶ岳に行けそうです。
Commented by nenemu8921 at 2009-04-18 20:13
から松の芽の緑玉髄(クリソプレース)

これらのからまつの小さな芽をあつめ
わたくしの童話をかざりたい

そんな一節のために、出かけたいと思いつつ、毎年かないません。
そんな願いのために切り取って見せてくださったような、すばらしい画像です。
こんな写真を撮りたいです。
Commented by moraisan at 2009-04-18 21:22
>saheizi-inokori さん、こんばんは。
里は春、稜線には残雪が光る‥良い季節です。 きっとコナシの花のころですね。
Commented by moraisan at 2009-04-18 21:43
>nenemu8921 さん、こんばんは。
小岩井農場での賢治のつぶやきでしたね。

賢治が小岩井を訪れる時、その心中は複雑であったように思います。
それにもかかわらず、そのスケッチは仔細にしてそこへ導かれます。
緑玉髄なる鉱石(輝石かな)は、この目で見たことはありませんが、翡翠細工のようなこの花芽に、きっと似ているのでしょうね。
Commented by mayumis39 at 2009-04-19 00:33
昨年のあの燃えるようなカラマツのことを思い出し、
振り返って、また眺めました。
こうして、また、新しい命が萌え出て、季節、時は確かに前へとすすんでいくのですね。

Commented by moraisan at 2009-04-19 06:39
>mayumis39 さん、おはようございます。
季節は移り、いのちはループであるように、その姿を戻します。
あの秋の日のカラマツをまた見てくださったのですね、ありがとうございます。
いのちがループだとしたら、前だと思う方角に 歩くしかありませんね。
Commented by ironsky at 2009-04-20 21:57
カラマツが輝いてますね。
実は私も先日、輝くカラマツ林を見ました。
ところが、車を運転中だったので、撮影できませんでした。
車を止めたときには、もう輝きは終わっていました。
Commented by moraisan at 2009-04-21 00:29
> ironsky さん、こんばんは。
日当たりを好むカラマツは、林でも真っ先に日を受ける場所にあります。
朝夕の光は変化が早く、この光景も数カット撮る間に薄れていきました。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2009-04-21 20:19
こんばんは。
朝日に染まるカラマツ、美しいですね。
秋に紅葉したまま、落ちずに残っていたんですね。
逆光のカラマツも美しいので好きです。
Commented by moraisan at 2009-04-21 21:34
>sakusaku_fukafuka さん、こんばんは。
秋の日の姿にも似て見えますが、落葉松の名のごとく、その葉は一枚もありません。
多くの花と芽吹き始めた葉芽、そして朝の光がつくりだした光景です。
Commented by なみへい at 2009-04-26 23:43 x
カラマツの花のこんな姿始めて見ました。これからでも山に行けばみられるのかな?
Commented by moraisan at 2009-04-27 05:37
>なみへいさん、おはようございます。
葉の展開に先がけて見られる花ですから、北の方や高いところではまだ見られると思います。
上向きの赤いのが雌花、下向きのが雄花です。



<< 里桜‥  染井吉野など 忘ら梅 (わすらうめ)‥ >>