忘ら梅 (わすらうめ)‥

  山里の斜面には いつの間にか人に忘れ去られたように咲く そんな梅の木が多くあります。
  忘ら梅‥ こんな日本語があるわけではなし、私的な造語です。 不適切はお許しください。
e0070545_22484834.jpg
         枯れ残っている大ぶりの梅の実が、かつては人の糧でもあったろうことを思わせます。

e0070545_22391884.jpg
    徒長枝を伸ばす勢いは失ってしまったのだろうか、それともこれが本来の野生だろうか‥ 心惹かれます。

e0070545_23155188.jpg
       次に傍を通る時、もうこの花たちはないのだろうな‥ 夕日の中に輝く花に 別れを告げました。


                     ※写真は全てクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2009-04-15 23:28 | 山野草・樹木 | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2009-04-16 07:27
わすらめ、と読むのかと思いました。いい言葉ですよ。
Commented by moraisan at 2009-04-16 17:33
>saheizi-inokori さん、こんにちは。
忘らるる梅、あるいは 忘れられし梅、というのが正しいのかと思います。
人の手を離れて久しい梅の木は、どこか逞しくまるで別の木のようでもあるのを、惹かれるままに勝手に区別しています。
Commented by ironsky at 2009-04-16 21:55
忘れられていても、美しく咲くものですね。
花びらの透けた感じが好きです。
Commented by moraisan at 2009-04-16 22:26
>ironsky さん、こんばんは。
そうですね。 人がそれを忘れても、季節は変わりいのちはめぐります。
そういう世界にいるのだと‥ この花もまた 私に教えます。

Commented by nonacafe at 2009-04-17 00:03
枯れ残った大振りの梅の実…ですか?まぁ!
可哀想に。今年は穫りに行こうかな?梅干し用に…ツバがゴクッ(笑)
忘ら梅、何か心に残る語感でしたが・・・そうだ!ユスラウメ!!
コチラは甘いので、揺すられし梅かしらん?!(爆)
Commented by moraisan at 2009-04-17 18:59
>nonacafe さん、こんばんは。
この言葉を思いつくのには、ユスラウメの響きが確かにありました^^;

山里に植えられた梅には、その実を利用するための品種が多いように思います。
入会地に植えられた梅の実など、その時期には広報されたものでしたが、
いつしか誰もその実を求めなくなりました。
最初のうちは徒長枝を暴れさせた樹も、年月を経て穏やかな樹相に変わるのも自然の妙です。


<< 唐松咲く‥ 田打桜‥ コブシ >>